ダメな不動産業者の特徴や見分け方を知っておこう!

2019.11.22

賃貸の一軒家でも建売住宅を求める場合も、不動産の業者に依頼するケースがあります。多くの不動産業者は健全な営業をしているので問題は少ないと言えます。しかし、一部の不動産業者は誇大した表現をしたり、必要な情報を伝えるのを怠ったりして、依頼者の利益を毀損することもあるのです。宅地建物取引業法や景品表示法などにより、誇大した表現や情報の不開示が起きない規制がなされているので、違反は拒絶することが可能となります。

ダメな不動産業者の見分け方は営業マンや広告を注意深く観察し、特徴をつかむことが必要です。営業マンは信頼性がおけることを確認し、不利益のない取引ができる環境をつくることが望まれます。営業マンの見分け方は信頼性がおける人間性にあります。どうしても取引を実現させたい焦りは、顧客にも感じ取ることができます。ノルマのために無理に取引を実現させよとする営業マンは避けることが必要です。

不動産業者の広告は誇大な表現が禁止されています。日本一安いなどの表現が広告にあった場合は、疑うことが必要です。ダメな不動産業者は法律に違反してなくても、依頼者の利益に合致しない情報ばかりを出してくる特徴があります。人が良くても腕の悪い相手は避けた方が得策です。信頼性の高い営業マンは一般に忙しく、予約を入れるのが大変です。しかし、忙しい人ほど腕が良いのも事実としてあります。その方な営業マンを探すことも必要なことです。

不動産の売却と異なり、購入の場合は一つの不動産業者に絞る必要はありません。複数の会社に依頼することにより、必要な情報が得やすくなるのです。複数の会社に依頼していることを隠さないことで、互いに競争を促すことは、良い物件を手に入れるために必要なことです。一つの会社だけに依頼した場合はその会社の言いなりになることも起こり得ますが、複数の会社に依頼した場合はその心配は少なくなります。

ハウスメーカーや工務店ではなく不動産業者に依頼したほうが良い物件は、建売住宅や中古物件です。これらの情報の多くは不動産業者に集まっているので、必要な物件を手に入れる確率が高まります。不動産の情報は必ずしも一般に公開が原則ではありません。依頼者との契約の種類によっては、一定期間情報を隠すこともできます。すなわち、公開されていないお得な物件情報を持っているところも存在するのです。購入したい地域の情報を持つ不動産業者に直接出向くことも無駄になりません。

おうちを選ぶ際のポイントを知っておこう