自宅を知恵と工夫でオシャレにしよう!DIYのアイデアやコツを紹介

2019.10.24

オシャレな部屋賃貸の一軒家ではできないが、建売住宅ならできることの一つにDIYがあります。レオハウスは自由な設計ができる住宅メーカーとして知られていますが、DIYを組み合わせることで様々な利点が生じ、サイトの活用により、様々なアイデアを得ることができるのです。サイトの活用では道具の選び方や資材調達のコツを合わせて学ぶことが望まれます。

レオハウスのような自由度の高いハウスメーカーに依頼することは、アイデア次第では様々な可能性が生まれます。道具の選び方や資材調達のコツなども積極的に学ぶ姿勢が必要なのです。レオハウスに依頼する場合は、工事に含まれる部分とDIYにする部分を初めからわけることが必要です。一般的に家具や備品などを工事に含んだ場合は建築費そのものが高くなります。それらをDIYにした場合は建築費そのものを抑えることができるのです。

DIYで可能な部分を積極的に採用することで、施主の楽しみを増やす目的も果たせます。本来住宅は法的には専門家でなくても施工できます。小さな木造住宅は何の資格のない人間が施工しても問題はありません。とは言え、コンクリート基礎や屋根の防水などは施工技術が難しく専門家に任せた方が良いでしょう。木工事や外壁とサッシ工事も一気に施工したほうがうまくいきます。DIYでやっても良い部分は内装や雑工事に関する部分です。これらを時間をかけてじっくり工事することで、つくる喜びを実感することができます。

外部の植栽工事や外構工事はDIYに適した部分です。むしろ、これらの部分を専門家に任せるのはもったいないとも言え、楽しみながら自分で施工できる部分となります。植栽は気に入った木や草花を少しずつ植えていくことで、長い期間楽しむことができます。舗装用のタイルはホームセンターでも売っているので、簡単に手に入れることができます。駐車場のコンクリート床も、手順を踏むことで自らが施工することができるのです。

内部では棚や本棚などの備品を組み立てる作業があります。棚や本棚を本体の工事に含めた場合は工事費全体が高まるデメリットもあるので、DIYとするメリットがあります。そのためには設計段階から工事施工者にお願いする部分と、自分で作業する部分を分け、打ち合わせで話すことが必要です。DIYは工事途中では行わず、工事が終わってから時間をかけてするものとなります。本体の工事を邪魔する形では本来の目的から逸脱してしまいます。

おうちを選ぶ際のポイントを知っておこう