都内近郊に一軒家を建てるメリットは?

2019.09.27

都内の風景都内近郊に一軒家を建てることは多くのメリットがあります。都心部の一軒家は通勤に便利なメリットはありますが、それ以外ではデメリットも多いのです。千葉や埼玉などの都内近郊では、比較的通勤に便利な宅地も用意されているのです。都内近郊の住宅は入居までの期間が短いことや費用が安いなどのメリットが期待できます。都心の住宅地は人気が高く、入居がすぐにはできない場合もありますが、千葉や埼玉の一軒家は入居までの期間が節約できる場合が多いのです。

都内近郊の一軒家は都心のものと比べて費用が安いことが特徴となります。安くなる原因は土地代で、都心と周辺部では大きく異なります。住宅本体の価格は両者でそれほど違いはありませんが、地元の工務店は安い傾向にあります。さらに、都心では高くなりがちな固定資産税や都市計画税などの税金も、千葉や埼玉は比較的低いケースが目立ちます。
同じ予算の場合は都心よりも都内近郊の方が広い敷地を得ることができます。それだけでなく、消費者に供給されている宅地も、千葉や埼玉の方が広い傾向にあり、当然ながら住宅本体の面積も広く取れるのです。都内近郊の住宅地ではクルマの利用が便利で、敷地には駐車場が設置されているのが普通となります。クルマの運転が必要なくても、資産価値の意味から駐車場の設置は望まれます。

千葉や埼玉では自然豊かな住宅地が多くあり、健康的な生活が期待できます。特に小さな子供や高齢者がいる場合は自然の中で伸び伸びと暮らすことが欠かせません。病院や学校といった公共施設も都心と変わらない豊かさがあるのです。買い物環境は都心よりも充実していることが期待できます。郊外型のショッピングセンターは都心よりも都内近郊に建てやすいので、その利用が期待できるのです。

近年心配されている東京での災害も、千葉や埼玉では冷静に対処することができます。それぞれの自治体が作成しているハザードマップを元に安全な敷地を有する物件を所有することで、地震や水害に対して安心した暮らしを送ることができるのです。都内近郊の住宅地は通勤に便利なことを除いては、多くの項目で暮らしやすさが目立ちます。
さらに、地元の工務店などを利用することで、メンテナンスの心配も解消できるのです。一軒家は定期的な点検や補修が必要となるので、施工業者との密接な関係が不可欠となります。都心ではできにくい施工業者密接な関係により、求めた一軒家を末永く使い続けるインフラが整うことになります。

おうちを選ぶ際のポイントを知っておこう